数学

菱形多面体たち

投稿日:2020年8月12日 更新日:

私は今までの多面体の記事を書くにあたってMathematicaというソフトを利用しているのだが、Mathematicaの機能にはかなり便利なものもあって、その一つを使ってみたので紹介する。

実は、有名な多面体のデータは最初から含まれており、それを呼び出すだけで画像を生成できる。

例えば、PolyhedronData["RhombicDodecahedron"]と書くだけで、次の画像が得られる。

菱形十二面体

これは菱形十二面体だが、RhombicDodecahedronの部分をRhombicTriacontahedronとすれば、菱形三十面体が得られる。

この多面体はまだ紹介していないが、いずれ記事でも詳しく説明したいと思う。

菱形三十面体

他にも、RhombicIcosahedronとすれば、菱形三十面体の一部の面を取り除くことによって得られる、菱形二十面体の画像が作れる。

菱形二十面体

また、次の多面体は星型をしており、菱形六十面体と呼ばれている。

これはRhombicHexecontahedronとすれば良い。

菱形六十面体

最後に、菱形九十面体である。

描くにはRhombicEnneacontahedronとする。

これは今までとは違い、2種類の菱形からできている。

菱形九十面体

以上、いろいろな菱形多面体たちを紹介してきた。

今回はここまで!

-数学
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

切稜四面体

菱形十二面体その12では立方体の辺をカットしたものを考えた。 このとき出てきた次の多面体は、切稜立方体と呼ばれる。 また、その13では正八面体の辺をカットして、切稜八面体が現れた。 そして、いずれも場 …

菱形十二面体 その8

これまでの記事↓菱形十二面体菱形十二面体 その2菱形十二面体 その3菱形十二面体 その4菱形十二面体 その5菱形十二面体 その6菱形十二面体 その7 今回は、菱形十二面体の空間充填について話をしよう。 …

菱形十二面体 その2

前回に引き続き、菱形十二面体の話をしよう。 前回、頂点座標が(±1, ±1, ±1), (±2, 0, 0), (0, ±2, 0), (0, 0, ±2)で表されることを述べた。 ご覧のように、菱形 …

no image

四次元を「見る」方法 〜射影について〜 その3

菱形十二面体 その10

これまでの記事 今回は、菱形十二面体の対称性に注目してみよう。 この菱形十二面体を、対称性の高い方向から見てみるとどうなるだろうか。 まず、菱形十二面体には、菱形の鋭角が4枚集まっている頂点と、菱形の …