数学

正多面体が5つしかない理由・オイラーの多面体定理を用いた証明

投稿日:2020年8月23日 更新日:

前回、1つの頂点に集まる面の種類と数を考えることで、正多面体が5種類しかないということを証明した。

今回は、別の方法で同じことを証明しようと思う。

そのために、次の定理を用いる。

オイラーの多面体定理

穴の開いていない多面体について、次の等式が成り立つ。
(頂点の数) − (辺の数) + (面の数) = 2

今回は証明は省略するが、どんな複雑な多面体についても上の式を計算すれば必ず2になるというのだからなかなか強力な定理である。

どんなにややこしい多面体でも、穴が空いてさえいなければ必ず
(頂点の数) − (辺の数) + (面の数) = 2
になる

さて、正多面体の証明に移っていこう。


すべての面が正N角形となっている正多面体を考える。

1角形や2角形は存在しないので、当然Nは3以上である。

さらに、1つの頂点に集まる面の数をMとする。

前回も書いたように、Mは3以上でなければいけない(でないと立体にならないので)。

最後に、全部の面の数をFとする。

さて、このときに頂点の数・辺の数がN,M,Fを用いてどう表されるか見ていこう。


各面に頂点はN個ずつあるので、頂点はN×F個になる、と言いたいところだが、これは多すぎである。

なぜなら、1つの頂点にM個ずつ面が集まっているからである。

立方体を例にとって考えてみよう。

立方体は、6面あり、1つの面に4つ角があるので、頂点が6×4=24あるように思えるが、1つの頂点に3枚ずつ集まっているので、1つの頂点を3度数えてしまっている。

なので、6×4÷3=8が実際の頂点の数である。

同じように考えて、一般に頂点の数はN×FをMで割って、

\frac{NF}{M}

で表される。

次に、辺の数を考えよう。

こちらも先ほどと同じように考えると、辺は各面にN個あり、N×Fになりそうだが、一つの辺には2つの面がくっついている。

したがって、一般に辺の数はN×Fを2で割って、

\frac{NF}{2}

で表される。


さて、証明の準備が整った。

今までに求めた頂点の数、辺の数、面の数をオイラーの多面体定理に代入すると、

\frac{NF}{M} - \frac{NF}{2} + F = 2

となり、これを変形すると、

F = \frac{4M}{(2N+2M-NM)}

となる。

さて、面の数Fは自然数なので、分母の(2N+2M-NM) は正の数でなければいけない。つまり、

2N+2M-NM > 0

これを変形して、

(N-2)(M-2) < 4

が得られる。N≧3、M≧3かつ上の不等式を満たす(N,M)の組は、

(N,M)=(3,3), (3,4), (3,5), (4,3), (5,3)

の5通りしかない。

これらの解がそれぞれ、正四面体、正八面体、正二十面体、正六面体(立方体)、正十二面体に対応している。

というわけで、オイラーの多面体定理を用いて正多面体が5種類しかないことを証明した。

今回はここまで!

-数学
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

菱形十二面体 その9

これまでの記事 前回、菱形十二面体による空間充填が可能なことについて書いた。 今回はこれをもう少し掘り下げてみる。 そのために、菱形十二面体について話をする前に、いったん平面充填についての話をしよう。 …

菱形十二面体 その4

菱形十二面体菱形十二面体 その2菱形十二面体 その3 今回も菱形十二面体の話をしよう。 前回は、菱形十二面体の内部に立方体が隠れており、その残りの部分のピラミッドを6個集めると同じ大きさの立方体が組み …

切稜四面体

菱形十二面体その12では立方体の辺をカットしたものを考えた。 このとき出てきた次の多面体は、切稜立方体と呼ばれる。 また、その13では正八面体の辺をカットして、切稜八面体が現れた。 そして、いずれも場 …

菱形十二面体 その14

これまでの記事 アユイ構成(Häuy Construction)という多面体の構成法がある。 この考案者のルネ=ジュスト・アユイは、18世紀のフランスの鉱物学者で、「鉱物学の父」と呼ばれている。 アユ …

菱形十二面体 その13

これまでの記事 前回、立方体の辺をカットしていくことを考えた。 今回は、同じことを正八面体に対してやってみよう。 前回のMathematicaの式を少しいじるだけでそれが可能になる。 RegionPl …