数学

菱形十二面体

投稿日:2020年7月31日 更新日:

今回から、多面体に関する記事を書いていく。

最初ということで、まずは僕の一番好きな多面体から紹介したい。

菱形十二面体である。

その名の通り、菱形が12枚集まることで構成されている。

頂点の座標表示の一例を挙げると、(±1, ±1, ±1), (±2, 0, 0), (0, ±2, 0), (0, 0, ±2)の計14点である。

ただし、±は取りうる全ての組み合わせを取るものとする。

例えば、(±1, ±1, ±1)は±が3個あるので、合計8頂点を表している。


この座標表示から、菱形の形状を知ることができる。

菱形のうち一枚だけに着目しよう。

例えば、(2, 0, 0), (1, 1 ,1), (0, 2, 0), (1, 1, -1)の4点からなる菱形がある。

この対角線の長さを計算すると、(1, 1 ,1)と(1, 1, -1)の間の距離は2で、(2, 0, 0)と(0, 2, 0)の間の距離は2\sqrt{2}である。

つまり、対角線の長さの比が1 : \sqrt{2}となっている。

この1 : \sqrt{2}という比率は、白銀比と呼ばれており、コピー用紙の縦横の比など、身近にもよく現れる、美しいとされている比率である。

そのため、この菱形のことを白銀菱形と呼ぶ。

菱形十二面体には、数々の面白い性質があるので、次回以降そちらも紹介していきたいと思う。

-数学
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

菱形十二面体 その9

これまでの記事 前回、菱形十二面体による空間充填が可能なことについて書いた。 今回はこれをもう少し掘り下げてみる。 そのために、菱形十二面体について話をする前に、いったん平面充填についての話をしよう。 …

正多面体が5つしかない理由・オイラーの多面体定理を用いた証明

前回、1つの頂点に集まる面の種類と数を考えることで、正多面体が5種類しかないということを証明した。 今回は、別の方法で同じことを証明しようと思う。 そのために、次の定理を用いる。 オイラーの多面体定理 …

菱形十二面体 その14

これまでの記事 アユイ構成(Häuy Construction)という多面体の構成法がある。 この考案者のルネ=ジュスト・アユイは、18世紀のフランスの鉱物学者で、「鉱物学の父」と呼ばれている。 アユ …

菱形十二面体 その8

これまでの記事↓菱形十二面体菱形十二面体 その2菱形十二面体 その3菱形十二面体 その4菱形十二面体 その5菱形十二面体 その6菱形十二面体 その7 今回は、菱形十二面体の空間充填について話をしよう。 …

菱形十二面体 その3

前々回、前回に引き続き、今回も菱形十二面体の話をしよう。 前回、菱形十二面体の内部には立方体が隠れていると書いた。 今回は、立方体以外の部分に注目したい。 下の図のように、立方体以外の部分は、6個のピ …